イラストレーターになるには

MENU

イラストレーターになるには?

イラストレーターとして働くためにはどうしたらよいのでしょうか?イラストレーターになるためには、特に必要ば学歴や資格はありません。しかし、今現在、現役で活躍しているイラストレーターの多くは、美術系の大学や専門学校などでデザインやデッサンの基礎についてしっかり学んでいます。

 

美術系の大学や専門学校を卒業してもすぐにイラストレーターとして独立することは難しく、多くの方はデザイン事務所や広告制作会社などに就職しています。イラストレーターとして求人があるのは、ゲーム会社くらいで倍率が高いのが現実です。しかし、グラフィックデザイナーとしての経験を積むなら、イラストレーターとして自分を売り込み活躍することができます。

 

イラストレーターに求められる能力とは?

イラストレーターは、ただ絵が上手なだけではなく、オリジナリティがあるイラストが求められています。また在職中の人脈により、イラストレーターとしての仕事が決まる業界なので、人が好きで付き合いが良く、協調性があることが求められます。また納期を約束日までに守るという誠実さや真面目さなども必要です。

 

それらに加え、イラストレーターは、人に頼まれた絵を描くことが仕事です。ですから自分が描きたいものよりも、相手が望んでいる絵を描くことが能力として求められます。自分の好きな絵を描きたい人は、イラストレーターではなく、趣味で描くことができるでしょう。

 

イラストレーターになるために必要なこととは?

イラストレーターに必要な能力は、”描く能力”と多くのことが思われることでしょう。しかし、描く能力以上に、”見る能力”が必要とされます。なぜなら、しっかり見ていないものは描くことができないからです。

 

なので、普段の生活で自分の視界に入るものを脳にインプットさせる能力や集中力が必要となります。イラストレーターを目指している方は、今から見る能力を鍛えることができるでしょう。

 

まとめ

イラストレーターになるためには、特別な学歴や資格は必要ありません。しかし、今現在現役で働いているイラストレーターの多くは、美術系大学や専門学校でデザインやデッサンの基礎を学んでいますので、デザインやデッサンの基礎はイラストレーターになるためには必要なことと言えるでしょう。

 

またイラストレーターにはオリジナリティに溢れたイラストが求められます。描く能力の以外に、見る能力も鍛え、日ごとから自分の視界に入るものを良く観察しオリジナリティさへとつなげていくことができるでしょう。

関連ページ

鉛筆デッサン資格をとるには
日本デザインプランナー協会(JDP)が主催している「鉛筆デッサンマスター」資格は、鉛筆だけで人物や静物に明暗のコントラストや濃淡などの影をつけ立体感のあるデッサンに仕上げることができる人が有することができる資格です。鉛筆デッサンの魅力は、さまざまな画材道具を揃える必要がなく、鉛筆だけで気軽に始めることができるため、人気がある資格となっています。
デッサン資格の勉強に必要な期間
デッサン資格は、デッサンの基礎知識やそれに必要な用具、技術などを学び、知識と技術を得ることができた人に与えられる資格です。絵を描くことが苦手な人でも、基本から学ぶことができるのでプロ級の技術を取得することが可能です。資格取得後は、雑誌やさまざまな広告のデザイン、デッサンなどを活かすことができる仕事につくことができます。 また画家や漫画家、美術関係などの幅広いジャンルの業界でも資格を活かすことができます。
カラーコーディネーターになるには
カラーコーディネーターとは、色の性質や特性を学び知識を得、それを生活やビジネスなどでそのように活用したら効果的かという知識や技術を有している色のスペシャリストのことです。今まで色の使い方とは、各個人の感性やセンスが関係しているものと考えられていました。
色彩検定を取るには
色彩検定とは、色彩に関する幅広い知識や技能を有している人に与えられる資格で、文部省が認定している検定のひとつとして知られています。もともとはアパレル業界で働いている方が色彩に関してのスキルアップスキルアップとして目指していた資格ですが、今現在ではアパレル業界はもちろん、インテリア関係、環境設計などファッション系から工業系までの幅広い分野で色彩に関する知識が対象となっているため、さまざまなタイプの方が目指している資格となっています。